愛知教育大学 新聞学習 講座

6月6日に愛知教育大学の社会科研究の一端として2年生対象に新聞学習講座が開催された。社会科教育講座講師の市川先生の声かけで弊社も参加。学校教育の中で、どのように新聞を授業に活かすのか、市川先生はその分野の専門家だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際に安城市内の小学校で教鞭を振るった市川先生の講座は、自身の多くの実績から「どうして新聞を使うことが教育に良いのか」を経験と成果から学生に指導した。この日のテキストは過去に小学4年生に使用した内容と同じものを大学生に使用した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初は、紙面の中から「喜怒哀楽」を感じる写真を学生に選ばせ、「①選んだ記事と写真②写真から感じる『感情』③選んだ理由」を各グループ内で発表する取り組みを行った。同じ記事・写真を選んだとしても個人個人で感じる感情と意見に相違があるのは興味深く、それは個々の性格の違いというか、普段から関心を置いている視点の違いが説明に現れたのではないかと感じた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

驚いたことに全体的に「喜怒哀楽」の「哀」を口にする学生が多く、学生達が現代社会に対し、どんな気持ちで世界を見ているのかを教えてくれたような気がした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講座を受けている学生の中には、普段、新聞を手にしない人も多いのか「どのように記事を読み進めて良いか」さえも戸惑う学生も見て取れた。途中、市川先生に弊社の紹介と、少し話す時間を頂いたので、「新聞との向き合い方」について少し話させていただいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

選挙権年齢が引き下がるのをきっかけに、自分なりの情報収集の方法を探り、政治や社会に対しての自由な意見をドンドン発信してほしいし、「新聞」もツールの一つとして活用し、個性を育んでほしいと思う。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


お問合わせ

お気軽にお問い合わせください。

Sending

Copyright(c) OTAYORI INC. All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?